店長日記

生ハムのギネス記録

様々な産地や種類がある中で、世界一の生ハムと称されるハモン・イベリコ。
口に入れた瞬間に溶け出す脂、それと同時に広がる甘く、フルーティーな香り。
長期熟成が生み出す深いコクは、ワインとの相性が最高です。

そして、もうひとつ世界一と言えばギネス記録
何だこれは!というようなものから、超人的なものまで、数多くの記録がギネスに認定されています。

そこで、早速調べてみました。生ハムのギネス。

すると、生ハムに関するギネス記録はいくつか見つかりました。
今回はその内のひとつをご紹介いたします。


生ハムギネス記録

スペイン・バレンシア出身の29歳(当時)の男性が打ち立てた記録とは

長時間にわたって生ハムをひたすら切り続けた

という内容です。

ノエ・ボニージョさんはプロのコルタドール(生ハムをカッティングする職人)で、普段はパリの料理学校で講師をされています。
作業中は1時間に一度5分の休憩が与えられますが、その間もカットを続け、家族と会ったり音楽を聞いたり映画を観るなどしていました。
実は彼、2013年に「32時間生ハムをカットし続ける」という記録を残しましたが、その後別のコルタドールが40時間で記録を更新。
もう一度世界一になりたいと再び記録更新に挑んだのです。

作業中の様子がこちら。
コルタドール

長時間ナイフを握っていると疲れてきますので、このようにカッティングをしてない腕をマッサージしてもらっています。

そして驚いたのがこちら
カッティング

両手…?
これだけでも相当の技術を要するに違いありません。


結果

そして彼が出した記録は、なんと72時間13分8秒
それまでの記録を30時間も更新する新記録を打ち立てました。

この間、48本のハモン・イベリコから合計154.33kgの生ハムをスライスしました。
技術はもちろんのこと、体力、精神力が無いとこの記録は生まれなかったことでしょう。


コメントする

名前

URL

コメント
このブログを読めば生ハムがもっと美味しくなる!

フェイスブック

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

休業日は電話・メールでのお問い合わせ対応、出荷業務は行っておりません。

ページトップへ