店長日記

美食の国、スペイン ~パエリア~

みなさま、こんにちは。
厳選輸入食品ストア Foodentic(フーデンティック)店長でございます。

みなさんはスペイン料理はお好きですか?
日本でもスペイン料理が年々人気を集め、レストランやバルが増えています。
また、各地でスペイン料理をテーマにしたフェアや催事が行われています。

このブログでは生ハムのことだけではなく、美食の宝庫であるスペインの料理を紹介していきたいと思います。
さて、今回はパエリアについて。

スペイン料理の代表、パエリア

パエリアが嫌いな日本人はなかなかいないのではないかなと思うくらい、私たちの口に合う料理です。
簡単に言うとスペイン風の炊き込みご飯。
スペイン米に野菜、魚介類、肉などを炊きこんだ料理です。

オレンジでも有名なバレンシアが発祥とされています。

バレンシア

現地ではパエリアのお祭りもあるほど、大きな役割を担っています。

バレンシアの猟師が獲物を米と一緒に煮込んだのが始まりといわれ、基本的に塩とサフラン以外の調味料・香辛料は加えません。
ですので、材料の風味を生かした味わいになるのです。

パエリアの種類は大きく分けて2種類あると言われています。
1つが鶏、ウサギなどのお肉を使ったもの。
もう1つがムール貝、イカ、エビなどの貝類等、魚介類を使ったパエリアです。

パエリアはパエジェーラと呼ばれる専用のパエリア鍋で作られます。
巨大で、平底のものですね。
たっぷりの具を炒めて、米と水、黄色の着色料としてサフランを加えて炊き上げます。

そして私たちの心をくすぐるのが、お焦げの存在。
そう、パエリアにもおこげができて、このお焦げがあるものが良いとされています。
おいしい食べ方の秘訣は、もんじゃ焼きのようにおこげをすくいながらよく混ぜること。
素材の味がお米に染み込んで、本当に絶品です!

パエリア

コメントする

名前

URL

コメント
このブログを読めば生ハムがもっと美味しくなる!

フェイスブック

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

休業日は電話・メールでのお問い合わせ対応、出荷業務は行っておりません。

ページトップへ