店長日記

生ハム原木って何人分?

みなさま、こんにちは。
厳選輸入食品ストア Foodentic(フーデンティック)店長でございます。

バルなんかに行くと見かける生ハムの原木
原木とは足まるまる一本のことを言います。
生ハムは必ず原木の状態で作られ、そこからスライスしたものを真空パックしたりします。

スペインでは市場に行くと大量の生ハムが原木の状態で吊られています。
こんな感じで…
生ハムの原木

かなり迫力ありませんか?(笑)
それほど原木というのは存在感があります。なんせ1本8kg~10kg程度ありますから。

そんな原木にはメリットがたくさんあります。

1.切りたてが味わえる
なかなか切りたてを味わえる機会はないのでは。そしてスライスパックされたものよりも断然美味しいです。

2.保存がラク
原木は基本的に常温保存が可能です。半年程度はもちますから、その間存分に生ハムを味わうことができます。

3.主役になれる
例えばご自宅でのパーティー。その場に原木があればどうですか?ナイフでカットしたものをふるまえばゲストも大喜びです!

良いことだらけの原木ですが、先日お客様から次のような質問がございました。

「原木1本って一体何人分なの?」



原木1本=○○人前!

生ハム原木の重量は平均すると8kg~9kgになります。
ただしこれはスペイン産ハモンの場合です。ハモンとは後足のことで、前足はパレタと呼ばれます。
【参照:美味しい生ハムの選び方(通販編) 】
パレタの場合、重量は約半分程度になります。
また、イタリア産の生ハム原木はその多くが骨無しの為、重量は少なくなります。

骨付きの生ハム原木の場合、実際に食べられる部分は5割~6割程度です。約半分近くが赤身を覆っている脂であったり、骨にあたります。
そうすると原木8kgの場合、可食部は4kgとなります。
バルやレストランで1人前として出されるのは約30g程度です。
単純に見積って約130人分の生ハムが原木1本から取れる計算になるのです。

自宅で食べ放題も夢ではないですね!(笑)

生ハム食べ放題

コメントする

名前

URL

コメント
このブログを読めば生ハムがもっと美味しくなる!

フェイスブック

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

休業日は電話・メールでのお問い合わせ対応、出荷業務は行っておりません。

ページトップへ